1. ホーム
  2. 中古車相場
  3. ライバル車比較:スペイド VS キューブ

ライバル車比較:スペイド VS キューブ

vs

新しい車を購入する際にスペイドキューブ、どちらを購入するか迷う方も多いのではないでしょうか?走行性能、燃費、価格などあらゆる側面から2台を比較していきます。

トヨタ スペイドとよく比較されるライバル車はこちらへ

日産 キューブとよく比較されるライバル車はこちらへ

あなたの愛車の情報を入れると、買取業者から無料で査定見積を受け取ることができます。

スペイド VS キューブの人気比較

スペイドキューブ
22,700台
ネット市場流通台数
40,050台
ネット市場流通台数
310台
月間平均販売台数
380台
月間平均販売台数
スペイド
キューブ
22,700台
ネット市場流通台数
40,050台
310台
月間平均販売台数
380台

共に人気では優劣つけるのが難しいです。

スペイドハッチバックタイプの車で2012年に発売されました。現在、スペイドの中古車の台数は市場に約22,700台流通しています。約310台が1ヶ月で成約しています。2021年の全車種人気ランキングでは79位となっています。

比較対象のキューブハッチバックタイプの車で1998年に発売されました。現在、キューブの中古車の台数は市場に約40,060台流通しています。約380台が1ヶ月で成約しています。2021年におけるキューブの人気ランキングは全モデル中79位です。

スペイド VS キューブの販売価格比較

スペイド
29.0~184.0万円
中古車買取価格
104.8~133.9万円
中古車小売価格
145.0~272.2万円
新車価格
キューブ
14.0~129.0万円
中古車買取価格
29.0~89.0万円
中古車小売価格
113.8~245.4万円
新車価格

スペイドの買取相場は29.0~184.0万円、対するキューブは14.0~129.0万円、最高値と最安値の幅がスペイドより小さいです。

スペイドの小売価格は104.8~133.9万円、キューブの小売価格は29.0~89.0万円です。2台とも価格帯は近いです。

よって買取の際はキューブのほうがスペイドより安く買い取られる可能性が高いと言えます。また、スペイドのほうが高い値段で販売されるケースが多いです。

中古車最多価格帯比較
モデル名
スペイド
キューブ
最多年式
2014
2010
最多年式价格分布
107.8~130.0万円
35.0~83.0万円
小売台数
1474
3524
最多走行距离
1〜2 万km
4〜5 万km
最多走行距离价格带
107.8~130.0万円
35.0~83.0万円
小売台数
1412
2964

スペイド中古車のもっとも売れている年式は2014(1474台)、価格範囲は107.8~130.0万円、対してキューブは年式は2010(3524台)、価格範囲は35.0~83.0万円となります。スペイドの最多走行距离は1〜2 万km(1412台)、価格範囲は107.8~130.0万円、一方キューブは4〜5 万km(2964台)、価格範囲は35.0~83.0万円です。

スペイド VS キューブの燃費性能比較

スペイド
キューブ
22.2km/L
1.5 F
22.2km/L
1.5 Y
22.2km/L
1.5 G
19km/L
1.5 15X
19km/L
1.5 15X Vセレクション
19km/L
1.5 15X Vセレクション 運転席マイティグリップ

代表的なグレード、スペイド 1.5 Fキューブ 1.5 15Xの燃費性能について、下記にて比較してみます。

燃費性能と航続距離比較
モデル
スペイド
キューブ
グレード
1.5 F
1.5 15X
燃費
22.2km/L
19km/L
タンク容量
42リットル
45リットル
航続距離
932km
855km

タンクの容量はスペイド 1.5 Fが42Lでキューブ 1.5 15Xが45Lとなっています。燃費はJC08モードで22.2km/L対19km/Lなので、燃料を使い切るまで走ると航続距離は932kmと855kmになります(理論値)。スペイド 1.5 Fの場合、長距離旅行でもガソリンスタンドを探す必要はそこまでございません。

年間燃料代試算比較
燃料種類
レギュラー
レギュラー
燃料単価
125円/L
125円/L
年間走行距離
1万km
1万km
年間燃料代
56,306円
65,789円

2台ともundefinedが使われています。年間1万km走行した場合の燃料代は56,306円対65,789円となり、キューブ 1.5 15Xスペイド 1.5 Fより9,483円のガソリン代が必要です。

※ ガソリン代金レギュラーは125円、ハイオクは135円と軽油は105円で統一。

スペイド VS キューブの走行性能比較

スペイド
1.5 F
1,496cc
排気量
80kW(109ps)/6,000rpm
最高出力
14kgf(136Nm)/4,400rpm
最大トルク
キューブ
1.5 15X
1,498cc
排気量
82kW(111ps)/6,000rpm
最高出力
15kgf(148Nm)/4,000rpm
最大トルク

キューブ 1.5 15Xの排気量のほうが大きくて、より最高速度や加速力を高めることができます。

エンジンと駆動方式比較
グレード
1.5 F
1.5 15X
駆動方式
FF
FF
エンジン種類
直列4気筒DOHC
直列4気筒DOHC

現在の最新モデルではスペイド 1.5 Fキューブ 1.5 15Xともに駆動形式はFFです。

FF方式(フロントエンジンーフロントドライブ)はエンジンとトランスミッションが横置きで、ファイナルドライブを一体化したトランスアクスルが一般的だ。FRより走行性能が劣るが、操舵と駆動の両方を行う前輪にかかる荷重が大きいため、通常の走行では安定性が高い。駆動力を後輪に伝えるプロペラシャフトが不要なため室内を広く作れることがメリットです。

現在の最新モデルではスペイド 1.5 Fキューブ 1.5 15Xともに駆動形式は直列4気筒DOHCです。

直列エンジンは構造が簡単なために、メンテナンスにあまり手間がかからない、比較的軽量なエンジン。

道路走行性能比較
最小回転半径
5m
4.6m
ホイールベース
2600mm
2530mm

小回りが効くかの指標である最小回転半径を比べると5m対4.6mとなりキューブ 1.5 15Xのほうが小回りが効きやすいと言えます。

ホイールベースは2600mm対2530mmでスペイド 1.5 Fのほうが大きな室内空間を確保でき、直進安定性に優れています。

スペイド VS キューブのボディサイズ比較

スペイド
1.5 F
3,995mm
全長
1,695mm
全幅
1,690mm
全高
キューブ
1.5 15X
3,890mm
全長
1,695mm
全幅
1,650mm
全高

2台とも機械式駐車場を利用できない可能性があります。

※ 機械式駐車場判断基準:全高1,550mm*全長5,000mm*全幅1,700mm以下

室内空間比較
グレード
1.5 F
1.5 15X
室内長
2160mm
1950mm
室内幅
1420mm
1395mm
室内高
1380mm
1275mm
車体重量
1170kg
1200kg
乗車定員
5名
5名

室内の容積は4.23m³対3.47m³です。2台とも乗車定員は同じ5名ですので、室内容積で割ると約0.85m³対0.69m³のスペースが1人あたりに割り当てられます。

スペイドキューブと比べると、長さと比べると、長さ+210、幅+25、高さ+105mmです。スペイドの室内空間のほうが大きいです。軽快な走りをするために気になる重量ですが、30kgほどスペイドが軽くなっています。

スペイドの内部の長さは長いので、座るときリラックスできます。

スペイド VS キューブの装備比較

スペイド 1.5 Fキューブ 1.5 15Xの安全装備と室内装備を比較してみます。

安全装備比较
グレード
1.5 F
1.5 15X
ブレーキアシスト
ナイトビジョン
×
×
レーンアシスト
×
車間距離自動制御
×
×
駐車支援システム
×
×
横滑り防止装置

2台とも装備しているブレーキアシストは、ブレーキを踏む力が不十分な時にドライバーに代わりブレーキ力を強めてくれ、万が一衝突をしても衝撃を軽減し事故の被害を減らすことができます。

スペイド 1.5 Fが装備しているレーンアシストは車線から外れそうになると、ドライバーに警報が発せられるとともに一定の条件下で、ハンドルの動きを適切に制御する。

2台とも装備している横滑り防止装置はカーブを曲がるときに車がカーブの外側へのふくらんだり、内側へ巻き込んだりする挙動を防止して安定した走行をサポートするシステムです。

スペイド 1.5 Fのほうが安全装備を多めにつけられています。

室内装備比较
フルフラットシート
×
×
片側電動スライドドア
×
両側電動スライドドア
×
×

スペイド VS キューブのまとめ

総合評価:総合的に見ると、2台ともメリットデメリットがあり優劣付け難いです。
モデル
スペイド
キューブ
グレード
1.5 F
1.5 15X
人気
販売価格
燃費性能
走行性能
室内空間
安全装備

人気・販売価格・燃費性能・走行性能・ボディサイズ・安全装備で2車種を比較していきましたが、3勝3敗0引き分けで両車互角と考えられます。ガソリン代を節約したい方なら、スペイドをお勧めします。走りを楽しむ事を目的とした場合、キューブをチョイスしたほうがいい。現車確認や試乗をしてみて納得するまで比較してください。その際に、このVSページを少しでも参考にして頂けたら幸いです。

愛車を高く売るには

選択してください

選択してください