1. ホーム
  2. 中古車相場
  3. ライバル車比較:クラウンロイヤル VS クラウンアスリート

ライバル車比較:クラウンロイヤル VS クラウンアスリート

vs

新車を購入する場合クラウンロイヤルクラウンアスリートでどちらを買うべきか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。その解決策として走行性能、燃費、価格などの角度から2台を比べてみましょう。

トヨタ クラウンロイヤルとよく比較されるライバル車はこちらへ

トヨタ クラウンアスリートとよく比較されるライバル車はこちらへ

あなたの愛車の情報を入れると、買取業者から無料で査定見積を受け取ることができます。

クラウンロイヤル VS クラウンアスリートの人気比較

クラウンロイヤルクラウンアスリート
30,830台
ネット市場流通台数
45,970台
ネット市場流通台数
320台
月間平均販売台数
450台
月間平均販売台数
クラウンロイヤル
クラウンアスリート
30,830台
ネット市場流通台数
45,970台
320台
月間平均販売台数
450台

共に人気では優劣つけるのが難しいです。

クラウンロイヤルセダンタイプの車で1999年に発売されました。現在、クラウンロイヤルの中古車の台数は市場に約30,830台流通しています。約320台が1ヶ月で成約しています。2021年の全車種人気ランキングでは54位となっています。

比較対象のクラウンアスリートは1999年に発売されたセダンです。現在、中古車販売サイトに流通しているクラウンアスリートの中古車の台数は約45,980台です。月間で平均で約460台が成約しています。2021年におけるクラウンアスリートの人気ランキングは全モデル中34位です。

クラウンロイヤル VS クラウンアスリートの販売価格比較

クラウンロイヤル
34.0~298.0万円
中古車買取価格
45.0~169.0万円
中古車小売価格
294.0~598.9万円
新車価格
クラウンアスリート
69.0~269.0万円
中古車買取価格
84.9~324.0万円
中古車小売価格
338.0~724.5万円
新車価格

中古車の買取相場はクラウンロイヤルが34.0~298.0万円、対するクラウンアスリートは69.0~269.0万円、最高値と最安値の幅がクラウンロイヤルより大きいです。

クラウンロイヤルは45.0~169.0万円、クラウンアスリートは84.9~324.0万円です。2台とも価格帯は近いです。

以上よりクラウンアスリートクラウンロイヤルの買取金額は2台とも近い値段になることが多いです。また中古車小売においては、クラウンアスリートクラウンロイヤルより高価格で販売されています。

中古車最多価格帯比較
モデル名
クラウンロイヤル
クラウンアスリート
最多年式
2008
2013
最多年式价格分布
57.5~156.6万円
110.0~300.0万円
小売台数
2726
7571
最多走行距离
5〜6 万km
3〜4 万km
最多走行距离价格带
57.9~156.6万円
108.9~300.0万円
小売台数
1169
3330

クラウンロイヤル中古車のもっとも売れている年式は2008(2726台)、価格範囲は57.5~156.6万円、対してクラウンアスリートは年式は2013(7571台)、価格範囲は110.0~300.0万円となります。クラウンロイヤルの最多走行距离は5〜6 万km(1169台)、価格範囲は57.9~156.6万円、一方クラウンアスリートは3〜4 万km(3330台)、価格範囲は108.9~300.0万円です。

クラウンロイヤル VS クラウンアスリートの燃費性能比較

クラウンロイヤル
クラウンアスリート
23.2km/L
ハイブリッド 2.5 ロイヤル
11.4km/L
2.5 ロイヤルサルーン
21km/L
ハイブリッド 2.5 ロイヤル Four 4WD
10.2km/L
2.5 i-Four 4WD
13.4km/L
2.0 S-T
23.2km/L
ハイブリッド 2.5 S

下記代表的なグレード、クラウンロイヤル ハイブリッド 2.5 ロイヤルクラウンアスリート 2.5 i-Four 4WDの燃費性能を比較してみます。

燃費性能と航続距離比較
モデル
クラウンロイヤル
クラウンアスリート
グレード
ハイブリッド 2.5 ロイヤル
2.5 i-Four 4WD
燃費
23.2km/L
10.2km/L
タンク容量
65リットル
71リットル
航続距離
1508km
724km

タンク容量は65リットル と 71リットル、JC08モード燃費が23.2km/L対10.2km/Lなので、理論上燃料が空になるまで走ると航続距離は1,508kmと724kmになります。クラウンロイヤル ハイブリッド 2.5 ロイヤルの場合、長距離旅行でもガソリンスタンドを探す必要はそこまでございません。

年間燃料代試算比較
燃料種類
レギュラー
レギュラー
燃料単価
125円/L
125円/L
年間走行距離
1万km
1万km
年間燃料代
53,879円
122,549円

2台ともundefinedが使われています。年間1万km走行した場合の燃料代は53,879円対122,549円となり、クラウンアスリート 2.5 i-Four 4WDクラウンロイヤル ハイブリッド 2.5 ロイヤルより68,670円の燃費が高くなります。

※ ガソリン代金レギュラーは125円、ハイオクは135円と軽油は105円で統一。

クラウンロイヤル VS クラウンアスリートの走行性能比較

クラウンロイヤル
ハイブリッド 2.5 ロイヤル
2,493cc
排気量
131kW(178ps)/6,000rpm
最高出力
23kgf(221Nm)/4,800rpm
最大トルク
クラウンアスリート
2.5 i-Four 4WD
2,499cc
排気量
149kW(203ps)/6,400rpm
最高出力
25kgf(243Nm)/4,800rpm
最大トルク

クラウンアスリート 2.5 i-Four 4WDの排気量のほうが大きくて、より最高速度や加速力を高めることができます。

エンジンと駆動方式比較
グレード
ハイブリッド 2.5 ロイヤル
2.5 i-Four 4WD
駆動方式
FR
4WD
エンジン種類
直列4気筒DOHC
V型6気筒DOHC

クラウンロイヤル ハイブリッド 2.5 ロイヤルの駆動形式はFRでクラウンアスリート 2.5 i-Four 4WDの駆動形式は4WDです。

FR方式(フロントエンジン-リヤドライブ)はエンジンとトランスミッションが縦置きで、プロベラシャフトで後輪左右中央付近のファイナルドライブユニットに回転を伝達するのが一般的だ。FFより前後の重量バランスに優れ、加速時に荷重が増す後輪で駆動するため、大きな駆動力を発揮させやすい。駆動輪である後輪のサスペンションをシンプルな構造にできないため、車内スペースを奪いやすい。そのため、走行性能を高めたいスポーツタイプの車に余裕のある大きめの高級車での採用が多い。

4WD方式(Four Wheel Drive)は全輪駆動で未舗装道路や悪路でも強さを発揮します。燃費が悪いのが欠点ですが牽引力に関しては右に出る車はありません。

クラウンロイヤル ハイブリッド 2.5 ロイヤルの駆動形式は直列4気筒DOHCでクラウンアスリート 2.5 i-Four 4WDはV型6気筒DOHCです。

直列エンジンは構造が簡単なために、メンテナンスにあまり手間がかからない、比較的軽量なエンジン。

道路走行性能比較
最小回転半径
5.2m
5.4m
ホイールベース
2850mm
2850mm

最小回転半径は5.2m対5.4mでクラウンロイヤル ハイブリッド 2.5 ロイヤルのほうが狭い道やUターンには便利です。

2台とも最小回転半径2850mになります。

クラウンロイヤル VS クラウンアスリートのボディサイズ比較

クラウンロイヤル
ハイブリッド 2.5 ロイヤル
4,895mm
全長
1,800mm
全幅
1,460mm
全高
クラウンアスリート
2.5 i-Four 4WD
4,895mm
全長
1,800mm
全幅
1,465mm
全高

2台とも機械式駐車場を利用できない可能性があります。

※ 機械式駐車場判断基準:全高1,550mm*全長5,000mm*全幅1,700mm以下

室内空間比較
グレード
ハイブリッド 2.5 ロイヤル
2.5 i-Four 4WD
室内長
1975mm
1975mm
室内幅
1510mm
1510mm
室内高
1190mm
1190mm
車体重量
1630kg
1640kg
乗車定員
5名
5名

両車の室内容積は3.55m³対3.55m³です。2台とも乗車定員は同じ5名ですので、室内容積で割ると約0.71m³対0.71m³のスペースが1人あたりに割り当てられます。

クラウンアスリートクラウンロイヤルと比べると、長さと比べると、長さ0、幅0、高さ0mmです。クラウンアスリートの室内空間のほうが大きいです。軽快な走りをするために気になる重量ですが、10kgほどクラウンロイヤルが軽くなっています。

クラウンアスリートの内部の幅は広いで狭くて窮屈に感じることは少ないです。

クラウンロイヤル VS クラウンアスリートの装備比較

安全装備比较
グレード
ハイブリッド 2.5 ロイヤル
2.5 i-Four 4WD
ブレーキアシスト
×
×
ナイトビジョン
×
×
レーンアシスト
車間距離自動制御
駐車支援システム
×
×
横滑り防止装置

2台とも装備しているレーンアシストは車線から外れそうになると、ドライバーに警報が発せられるとともに一定の条件下で、ハンドルの動きを適切に制御する。

2台とも装備している車間距離自動制御システム(ACC)は前を走る車との車間距離を一定に保ちながら、一定の速度での走行を自動でしてくれる装置です。

2台とも装備している横滑り防止装置はカーブを曲がるときに車がカーブの外側へのふくらんだり、内側へ巻き込んだりする挙動を防止して安定した走行をサポートするシステムです。

クラウンロイヤル VS クラウンアスリートのまとめ

総合評価:総合的に見ると、2台ともメリットデメリットがあり優劣付け難いです。
モデル
クラウンロイヤル
クラウンアスリート
グレード
ハイブリッド 2.5 ロイヤル
2.5 i-Four 4WD
人気
販売価格
燃費性能
走行性能
室内空間
安全装備
引き分け
引き分け

人気・販売価格・燃費性能・走行性能・ボディサイズ・安全装備で2車種を比較していきましたが、3勝2敗1引き分けでクラウンアスリートが優勢となりました。ガソリン代を節約したい方なら、クラウンロイヤルをお勧めします。走りを楽しむ事を目的とした場合、クラウンアスリートをチョイスしたほうがいい。現車確認や試乗をしてみて納得するまで比較してください。その際に、このVSページを少しでも参考にして頂けたら幸いです。

愛車を高く売るには

選択してください

選択してください